つぶちゃんのトコトコレポート

Vol.99 2019.02.04

2019.02.04

陸上競技場で感動ゴール!みさとシティマラソンの新拠点三郷市陸上競技場「セナリオハウスフィールド三郷」

JR三郷駅からピアラシティ行きバスに乗車して約10分。鮮やかなブルーとグリーンの開放的なフィールドが広がるよ。約6.7haの敷地には、陸上トラック、サッカーやラグビーなどの球技にも使用される人工芝グラウンドのほか、3on3バスケットボールコートにスケートパーク、多目的広場なども整備。日本陸上競技連盟公認の第4種公認陸上競技場として作られた注目の施設なの。

そしてこの競技場が新拠点となって、2019年2月3日に第50回「みさとシティハーフマラソン-かいちゃん&つぶちゃんマラソン−」が開催されたよ! 例年、募集から短期間で定員になっちゃう人気のファミリーの部1.2kmに、小学生の部1.2km・3km・10km・ハーフ種目があり、北海道から沖縄まで遠方からやってくるランナーもいるというこの大会。今年は競技場からの新コースが注目されて昨年に比べて900名ほど多い約4500名ものランナーが参加したよ。

かいちゃん&つぶちゃんも見守る中、競技場前からスタート!ハーフマラソンコースではスカイツリーを臨む江戸川サイクリングロードの景色も楽しみながら往復し、最後はブルーの陸上トラックを走ってゴール!「とっても気持ちがよかった!」と大好評だったんだって。

新たな試みは他にも。今年の招待選手、シドニーオリンピック出場の高橋千恵美さんによる「ランニング栄養講座&クリニック」を大会1週間前に開催。マラソン出場に備えた健康管理や正しいランニングフォームを学べる無料講座に「プロのアスリートから指導を受けられる貴重な機会」と喜びの声が多かったそう。こういった取り組みができるようになったのも整備された競技場があればこそだね。

「セナリオハウスフィールド三郷」ができたことで、市内外のスポーツイベントを安全で便利に開催しやくすなり、三郷市のさらなるスポーツの発展が期待されているよ。個人利用は一般200円〜・高校生以下100円〜(市内)で、気軽に使えるのが嬉しいね。
2020年のオリンピックも控え、ギリシャホストタウンとなっている三郷市のオリンピック関連活動の拠点としても見逃せないね、つぶちゃん。

06 マップを見る

三郷市陸上競技場「セナリオハウスフィールド三郷」

  • 三郷市泉3-4
  • 048-954-2720
  • 9:00-21:00
  • 年末年始(臨時休場あり)

ホームページ:http://www.city.misato.lg.jp/item/29349.htm

※掲載の内容は記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでボタン