つぶちゃんのトコトコレポート

Vol.77 2018.02.26

2018.02.26

作りたいのは最高においしいパン!BACKEREI SAKATUJI(ベッカライ・サカツジ)

つぶちゃん、たくさんの種類のパンが並ぶ素敵なパン屋さんがあるんだって。行ってみようよ♪

お目当てのお店は、JR新三郷駅から徒歩12分、みさと団地内にある北公民館からすぐの「ベッカライ サカツジ」さん。全面ブラウンの板張りに枕木で作られたエントンス、その周りにグリーンがセンス良くあしらわれた可愛らしいお店。
期待を持って、いざ店内へ。温もりを感じる木の扉を開いてびっくり!

店内には様々な種類のパンがずらり!
常時およそ100種は並んでいるそうで、キッシュをはじめとするお惣菜パン、果物の彩りが魅力的なデニッシュやブリオッシュなどの菓子パン、ベーグル、バゲット…と、選ぶのも大変なほどのバリエーション!
お客さんもひっきりなしで、お昼前には売り切れ商品が続出なの。

迷いながらも、オーナーおすすめの『カレーパン』と『洋梨のデニッシュ』をチョイス。
1日50〜100個ほども売れるという大人気の『カレーパン』は、手からはみ出るような大きさ。サクサクの揚げ生地の中には、野菜や豆など具だくさんカレーがぎっしりで、程よい辛さにファンが多いのも納得。バターの香り豊かな生地の食感が楽しいデニッシュは、コンポートの豊かな酸味と甘みのバランスが、もう絶品♪

2013年にオープンしたこのお店のオーナーの阪辻さんは、幼い頃からパンが好きで、26歳の時に思い切って異業種からパン作りの世界へ。“聖地”と呼ぶパン愛好家もいる人気店、千葉県松戸市の「Zopf(ツオップ)」で6年間修業した後、ドイツで1年修行を重ねた努力家なの。その経験の中でも、オーナーの核となっているのは、自分の師匠である「Zopf」のパンや店作りに対する考え方なんだそう。数多くのパンを作るのも、たくさんのお客さんに自分だけのお気に入りを見つけて欲しいから。

「どうしたらおいしいパンができるかを、いつも考えています。自分が作るパンで楽しい驚きを与えられたら嬉しい。」と話すオーナーの目には、パンへの愛情が溢れていたよ。
コツコツと、目の前にあるパンを美味しくすることを一番大事にしているというその姿勢が、すごく素敵だったね、つぶちゃん。

新しいパンも随時登場するというから、何度でも足を運びたくなっちゃう。
遠方からもファンが訪れるというパン屋さんは朝7時から開店。みんなもぜひ、お気に入りのパンを探しに出かけてみてね。

07 マップを見る

BACKEREI SAKATUJI(ベッカライ・サカツジ)

  • 三郷市彦成3-392-2
  • 048−951−5351
  • 7:00~16:00
  • 水曜定休

※掲載の内容は記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでボタン