つぶちゃんのトコトコレポート

Vol.57 2017.06.26

2017.06.26

栄養たっぷり!大事に育てられた卵『きみ&ぼく』杉橋養鶏場

つぶちゃん、三郷生まれの卵があるって知ってた?
今日はその養鶏場にお話を聞きにいってみよう。

訪れたのは、吉川市との境に近い三郷市半田にある「杉橋養鶏場」さん。
1960年の創業以来、田畑に囲まれた自然豊かな環境の中で、50年以上も高品質の卵を生産してきているんだよ。
広々した敷地には、成鶏用からひよこ用まで、鶏舎6棟が並んでいて、今は1万3500羽もの鶏が飼育されているそう。
鶏舎から「コッコーコッコッ!」と賑やかな鳴き声が聞こえるね!

オーナーの杉橋崇男さんは2代目。3代目の若夫婦と一緒に、朝早くから鶏舎で作業をしているよ。
「美味しい卵を産んでもらうためには、環境づくりがすごく重要。養鶏場の1日は、掃除から。保健所の検査や鶏の血液検査も毎月欠かしません。生き物相手だからこそ、衛生管理は徹底して、鶏の健康には非常に気を使います。」
さらに、鶏は若い方が良質な卵を産むということで、杉橋さんが扱うのは、卵を産むようになってから一年以内の若鶏のみ。
この卵を使うとケーキの膨らみ方も違うんだって、知らなかったね!

環境づくりと同じように大事なのがエサ。
穀物・海藻・大豆の一番搾り油・乳酸菌・ビタミンE・魚粉などを独自配合した特別なエサを与えるといった、惜しみない工夫と努力を重ねているそう。
「食べたものの結果が卵に出ますから。」という杉橋さんの言葉が印象的だったね。

こうして生まれた杉橋養鶏場ブランドの卵『きみ&ぼく®』は、味も栄養も抜群で埼玉県の品評会でも多数受賞しているそう。
黄身の甘みとコクをしっかり感じられるビタミンEたっぷりの「白玉」と「赤玉」、記憶力向上やコレステロール値を下げる効果が期待できるDHAを強化した「DHA卵」の3種類の卵があって、遠方からも買いに来るほど評判なの。

直売所の他、電話・FAX注文、三郷市とれたて野菜直売所「べじ太くん」、ららぽーと新三郷でも購入できるよ。

「お客様に美味しいと喜んでもらえることが何より嬉しい。手間やコストは惜しまず、これからも高品質な卵を提供していきたい。」と語ってくれた杉橋さん。

努力と熱い思いが込められた卵は、私たちの健康も支えてくれそうだね、つぶちゃん♪

07 マップを見る

杉橋養鶏場

  • 三郷市半田644
  • 048-957-3773 FAX:048-957-3770
  • 9:00~18:00 (12:00-13:00休憩)
  • 年中無休

※掲載の内容は記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでボタン