つぶちゃんのトコトコレポート

Vol.50 2017.02.03

2017.02.03

目指すはフットワークの軽さ!愉快な町のお肉屋さん肉の鳥松

つぶちゃん、地域の専門店で買う良さってあると思わない?
そう実感するお店「肉の鳥松」さんを今日はご紹介!
お店の外まで香ばしい匂いが…。つぶちゃん、お腹空いてきたね〜。

「いらっしゃい!」と元気に迎えてくれたご主人。
レンガ調の少しユニークな雰囲気の店内は、「実は、私がDIYしたんですよ。毎週どこかしら内装を変えているから探してみて。」と楽しそうに教えてくれたよ。
お店のあちこちに飾られているのは、奥さん考案のオリジナルキャラクター「メンチくん」。
「つぶちゃんと並ぶ人気のキャラにしちゃうよ〜。」だって。
ユーモアたっぷりのご主人と話していると楽しくなっちゃう♪

お店には、精肉のほか、40種類ほどのお惣菜に、隠れた人気の「卵かけご飯用卵」までがずらり。
「ご飯作るのが面倒な時ってあるでしょ?」というご主人は、お客さんが楽なよう『帰宅後すぐに食べられる』をポイントに、商品を揃えているんだって。
心遣いが嬉しいね。

お惣菜一番人気は、創業当初から変わらない味のメンチカツ(税込162円)。
粗めのパン粉がザクザクと香ばしい衣に、ほどよいジューシーさが絶妙なミンチ、大きめカットの玉ねぎがあま—い!
あぁ、これぞお肉屋さんのメンチカツだね!

毎月29日(ニクの日)には、一枚108円の超お買い得価格になり、なんと1000枚以上売れるんだって!

そして、新たに人気メニューに躍り出たのは、店内でじっくり焼き上げる焼豚(1ブロック800~1500円前後。スライスも可)。
土曜限定で販売されていて、箸で切れるほどの柔らかさは、そのまま食べても、野菜と合わせても良しの一品。さらに、ご主人が「ロービー」と名付けるローストビーフは今年の新メニュー!
う〜ん、どれも美味しそう!!

「今や数少ない町の肉屋だからこそ、フットワークを軽く、来るたびに発見がある店にしたい。」と、定番にこだわることなく、常にお惣菜などの品揃えも入れ替えているんだって。

自分もお客さんも楽しめる店にしたい、という思いに溢れている楽しいお肉屋さん。
ぜひ立ち寄ってみてね♪

07 マップを見る

肉の鳥松

  • 三郷市高州1-105
  • 048-955-5565
  • 10:00~19:00
  • 日・祝

※掲載の内容は記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでボタン