つぶちゃんのトコトコレポート

Vol.45 2016.11.29

2016.11.29

フロイデ!三郷に第九を歌う文化を三郷第九合唱団

年末が近づくと耳にするベートーヴェンの「第九(交響曲第九番)」。
三郷にも、毎年「第九」合唱コンサートを行っている合唱団があるの。
その名も、「三郷第九合唱団」!
つぶちゃん、取材に行ってみようよ。

練習中に、お邪魔しまーす。
わぁ~、すごい活気!

「三郷第九合唱団」は、2008年に開催された「三郷第九演奏会」をきっかけに結成された合唱団。
長年、交響楽団の指揮を務めてきた米原豊先生と、ピアノの白子満由美先生の指導のもと、日々、練習に励んでいるよ。
三郷にオーケストラをバックに、第九を歌う文化を根付かせることを目標にしてるんだって。

毎年12月に三郷市文化会館で開催されるコンサートは、二部構成になっていて、「第九」の合唱だけでなく、第一部では他の曲も鑑賞できるの。
今年は、喜歌劇「こうもり」に挑戦するそう。
三郷市文化会館で、オーケストラピットを使うオペラを観られるのは、これが初めてなんだって。
ワクワクするね、つぶちゃん。

私たちがお邪魔した時は、ちょうど「こうもり」の通し稽古のまっ最中。
常に演出班の団員の厳しい指示が入って、みんな真剣!
歌って、踊って、渾身の演技をする姿に、つぶちゃんと2人、息を呑んで見入ってしまった。
稽古が終わって、団員さんの表情がふっと緩む瞬間が、またイキイキとしていて素敵なんだ。

続いて始まった「第九」の「歓喜の歌」の練習では、その迫力にびっくり!

地下から響いてくるかのような男性の低音パート。
対照的に、天から降り注ぐような女性の高音パート。
ほとんどの団員さんが、初心者から始めたなんて信じられない!

ご自身もほぼ未経験から入団したという、最年長84歳の団員、小田さんにお話を伺ったよ。

「第九を歌うのが生きがいだと語った、会社員時代の先輩の話に感動して始めたのですが、すっかりハマってしまいました。歌っていると体も心も元気になってきますよ。
みなさんにも大いに勧めたいですね。」って、本当に楽しそうに話してくれたよ。
まさに、歌で人生を満喫しているね。

練習は水曜夜と土曜午後に実施。
団員は初心者大歓迎で、随時募集しているそう。
ぜひ、今年(平成28年)12月25日に開催されるコンサートで、その素晴らしさを感じてね。

コンサートチケット販売中
詳しくはこちら

 

09

三郷第九合唱団

  • 三郷市文化会館/瑞沼市民センター
  • 048-957-7546(真野)
  • 練習日:土曜 14:00~16:00 水曜 18:50〜20:50

ホームページ:http://www12.plala.or.jp/suet1941/

※掲載の内容は記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでボタン