つぶちゃんのトコトコレポート

Vol.32 2016.07.19

2016.07.19

自前の石臼で挽く、こだわりの厳選蕎麦!手打蕎麦 味彩 天徳

つぶちゃん、私、さっぱりとお蕎麦を食べたい気分♪
遠方から来るファンも多い人気店「手打蕎麦 味彩 天徳」さんに行ってみよう!

昭和58年栄5丁目に開業。
近年改装して、玄関で靴を脱いで上がる民家スタイルになったよ。
まるで友人宅に招かれたような気分で、「お邪魔しま~す!」って、言いたくなっちゃうね。

気さくなご主人がまた、ユーモアがあって魅力的。
お蕎麦への想い、話してくれたよ。
当時、駅から遠く離れたこの場所に開業を決めたとき、「これからは車の時代。駐車場を確保して、誠心誠意旨いものを作っていけば、お客さんは必ず来てくれる!」と確信があったというご主人。
山梨の超有名店「翁」を始め、全国の蕎麦どころを食べ歩き、各地の玄蕎麦(=殻がついたままのそばの実)を仕入れては、研究を重ねたそう。

「各地で出会ったこの道の先輩方も親切に教えてくれた。勉強するのが本当に楽しかったんだよね。」と語るその顔が素敵だね、つぶちゃん。

そんなご主人が全国から選び抜いた「常陸秋そば」は、霧が多く、寒暖の差が激しい茨城県北部で育まれた品種で、香り高さと甘みが特徴。その実を、店内の石臼で丁寧に粗挽きにする『石臼挽き自家製粉』が天徳さんのお蕎麦のおいしさの秘訣なの。
この自家製粉を贅沢に使った「十割蕎麦(税込950円)」は天徳の代名詞的メニューで、質を保つために1日10~15食限定だから、なんと開店30分で売り切れることもあるほど人気なのよ。

ただよってくるお出汁の香りに、「早く食べたい〜!」と、つぶちゃんと待っていたら、人気メニューの「鴨汁せいろ(税込1400円)」登場!

ツヤのある蕎麦は、しっかりしたコシがあり、噛めば甘く芳醇な風味がフワっと口に広がる♪
鴨肉も柔らかくジューシー!
冷たいお蕎麦と、だしの効いた温かい鴨汁のバランスは抜群だね。

ご主人が太鼓判を押す、自慢の「そばがき(税込950円)」も要チェックだよ!
その他、5月頃から季節限定で出る「山菜」や「桜エビ」を使ったメニューも、毎年、心待ちにしている人たちがいるんだって。
私たちも食べてみたい!つぶちゃん、来年の楽しみができたね。

「天徳」さんの『石臼挽き自家製粉』の奥深い味わいを、みんなも自分の舌で確かめに行ってみて!

 

 

06 マップを見る

手打蕎麦 味彩 天徳

  • 三郷市栄5-63-2
  • 048-952-1414
  • 月〜金 11:00—15:00 ※夜営業なし
    土日 11:00-15:00 夜 17:00-19:30
  • 火曜(月一回火・水)

※掲載の内容は記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでボタン