つぶちゃんのトコトコレポート

Vol.10 2016.01.28

2016.01.28

おいしい旬の野菜でパワーアップ!三郷市とれたて野菜直売所「べじ太くん」

今日は“三郷市とれたて野菜直売所「べじ太くん」”に行ってみまーす。
前に養蜂場「山本園」さんにお邪魔した時、はちみつ販売場所の1つとしても教えてもらったよね、つぶちゃん。

水と自然に恵まれた三郷は昔から農業が盛ん。四季折々の野菜に果物、米などの農作物が多く生産されているんだ。
その豊かな農作物を、地域の家庭に安心・安全に届けるために2004年にオープンしたのが、農協直営の直売所「べじ太くん」。

JR武蔵野線三郷駅から徒歩15分。
中には、野菜がずらり。
張りのある葉が内側に巻いた小松菜、ずっしり重量感のある白菜、しっかり紫色の蕾もついたブロッコリー。
どの野菜もみずみずしく艶々として、新鮮なのが一目瞭然!!

私、いい野菜を扱うお店かどうか、鮮度に敏感なほうれん草でチェックするの。
肉厚で緑濃い「べじ太くん」のほうれん草は文句なしで満点つけちゃう!
新鮮さのヒミツは、地元農家がとれたての野菜をその日のうちに搬入するから。
顔の見える生産者が直接搬入した“旬”の野菜を買えるなんて、とってもイイね♪


今は時期的に冬野菜が中心だけど、夏は、きゅうり、ピーマンなどの夏野菜が充実。
一般的な野菜の他にも、大手スーパーではあまり見ない希少野菜も並ぶから、見ていて面白い!
今回は、聖護院大根、赤かぶ、紫芋を発見。
「紫芋料理にチャレンジしようかな。」なんて話していたら、お店の人が紫芋スイートポテトのレシピを伝授してくれたよ。
長年ここで働くベテランスタッフの方が、旬の野菜やおすすめレシピや保存方法など親切に教えてくれるから、分からないことはどんどん聞いてみて!

“安心、安全、採れたての野菜をお手頃価格で”がキーワードだけあって、お財布にもやさしいのも嬉しい♪
味噌などの加工品、お花、米も販売されていて、お米はその場で精米のサービスも。
つきたてのお米は一味違うらしい。

今後は次世代の生産者と協力して、一年を通して多くの新鮮野菜を家庭に届けられるよう、三郷農業をさらに盛り上げていきたいという「べじ太くん」。
とれたての地元野菜でパワーアップ間違いなし!
ぜひ行ってみてね。

 

08 マップを見る

三郷市とれたて野菜直売所「べじ太くん」

  • 埼玉県三郷市幸房101(さいかつ農協本店敷地内)
  • 048-952-2141
  • 9:30~17:00
  • 月・金

※掲載の内容は記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでボタン